WiMAXを制限なしで使うおすすめの方法、本当に無制限に使うには?

WiMAXの制限なしプランは「ギガ放題プラン」ですが、厳密に言えば、100%制限なしとは言えません。事実上制限なく使うためにはどうすれば良いか、ご紹介しています。
MENU

制限なしで使えるおすすめのWiMAX(ワイマックス)とは?

 

モバイルルーター回線の中において、使いやすさや通信速度が突出してよいのはWiMAXです。
ですがネット上では「制限あり」や「無制限」など、いろんな情報が飛び交っています。結局はどちらがただしいのでしょうか?そして「WiMAXギガ放題」という無制限っぽい名前の料金プランを使っていても、実は「実質」無制限となります。「実質」とはどういう意味なのでしょう…。

 

このように、WiMAX2+の速度制限や通信制限の部分がごちゃごちゃしていて理解できず、申込み段階でたじろいでいるかたも多いことでしょう。

 

結論からいうと、2017年10月現在『ゆるい』とはいえ、実質無制限をうたっているWiMAXのギガ放題プランでも「3日間で合計通信量を10GB以上使ったら」制限がはじまります。
完全に制限なしのおすすめポケットwifiはWiMAX2+を含め、他社のポケットwifiでも、残念ながら見つかりませんでした。

 

ただし、WiMAX2+の場合、制限のからくりが分かったうえで利用すれば、ほぼ制限なしのいわゆる無制限状態で使い続けることも充分に可能なのです。ではどのような方法で使用すればいいのでしょう。

 

業界最安級「Broad WiMAX」の無制限プランを確認してみる

 

本当に制限なし?

 

改めて結論からいいますと、残念ながら2017年10月現在、無制限でポケットwifiを利用できるサービスを提供している会社は、WiMAXを含めありません。どのポケットwifi提供会社と契約したとしても「3日間で10GB以上使ったら」などの制限がかかります。

 

 

制限はあってないようなもの?

 

WiMAXのギガ放題プランも「完全無制限」で使うことができません。「3日間で10GB以上使ったら通信規制」が始まります。これは回線提供元のUQ WiMAXだけでなく、どのプロバイダとギガ放題を契約しても共通の決まりごととなります。WiMAX 2+回線自体に制限がかかっているからです。

 

しかし、逆に考えてみれば3日で10GBを超えて使わなければ、月に100GB 使っても大丈夫なのです。
WiMAX2+のギガ放題プランを契約していて「3日で10GB」を超えてしまった場合、制限される時間帯は翌日の18時〜26時(深夜2時)までの8時間程度です。その時間帯以外はいっさい制限なしで使用できるのでおすすめです。
また、制限が適用されているときの速度はおよそ1Mbpsです。制限前の実際の速度である30〜50Mbps以上の速度と比べてみると、だいぶ遅く感じてしまいますが、実は標準画質のYouTube動画が普通に観られる速度です。
かなり本気でアクション系インターネット対戦ゲームに興じる方や、Amazonプライム・ビデオなどを最高画質でガンガン観ている人などのヘビーユーザーをのぞき、普通のサイト閲覧をする程度であれば、3日で10GBを突破することはまずありませんし、制限がかかっていてもそんなに重さを感じることはないのです。
また、仮に10GBを超えてしまったとしても、翌日の18時〜深夜2時までの約8時間制限されるだけ…つまりWiMAXの制限はほぼ無制限といってもいいレベルなのです。

 

業界最安級「Broad WiMAX」の無制限プランを確認してみる

 

ほぼ制限なしのWiMAX

 

これからWiMAXと契約しようとしているかたへ、ほぼ無制限で最大限使い続けるためのポイントを3つに絞ってお伝えします。

 

まずはプランについてです。「通常プラン」と「ギガ放題」の2つがあります。月額料金を比較してみると、通常プランのほうが1,000円ほど安くてお得な雰囲気がありますが、月間で利用できるデータ通信量で比較したら、通常プランの方がはるかに割高です。
わずか1,000円弱の差額で「7GBまで」と「実質100GB以上」とを比較して考えたら、正直、プラン選びは迷わず「ギガ放題」の一択です。

 

次はモードについてです。WiMAX2+にはWiMAX回線のみを使う「ハイスピードモード」とau 4G LTE回線を使う「ハイスピードエリアプラスモード」の2つのモードがあります。ハイスピードエリアプラスモードの方がより高速で広範囲の回線なのですが、できるだけハイスピードエリアプラスモードには触れないでおきましょう。何故なら、ハイスピードエリアプラスモードを一瞬でも使ってしまったら「月7Gまで」という厳しい制限がハイスピードモードにも始まってしまうのです。
そして制限を超えてしまったら月末まで、24時間常時128Kbpsの超低速モードになってしまいます。これではほぼ何もできません。
首都圏など人口密集地に住んでいる方は、対策として最初からハイスピードエリアプラスの機能を搭載していないWX03などの機種を購入するという手もあります。

 

ギガ放題で制限を避けるためには『3日で10GBを超えないこと』が最重要課題です。ですが、もし制限が始まってしまった場合のことを考えて、普段から

  • 大容量のダウンロードは制限のかからない昼間に済ませておく
  • ガンガン使いたいときは休みの日の昼間に使い倒す
  • 18時〜深夜2時は動画サイトを標準画質で見る程度にネットを利用する

と意識しておけば、制限がかかっていることに気付かないまま、日常的にネットを使い続けることができます。

 

この3点を意識していれば、ほぼ制限なしでWiMAX2+を使い倒せるので、おすすめです。

 

業界最安級「Broad WiMAX」の無制限プランを確認してみる

 

おわりに

 

WiMAXを使い倒すというために、制限と同じくらい大きな部分といえばプロバイダ選びです。WiMAX2+はどこのプロバイダと契約したとしても、全く同じサービスとなります。であれば、いつもらえるかわからない高額キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダを選ぶよりも、その分を月々の使用料に充てて安くWiMAXを使えるプロバイダのBroad WiMAXがおすすめです。

 

このページの先頭へ